≫TOPへもどる

賃貸情報収集術〜目先の利点に騙されない〜

家を借りる前にしておきたいこと

あなたは、賃貸の情報収集で注意しておられる事がありますか。
いくつかの賃貸を借りた事があるなら、きっと確認ポイントを独自に持っておられる事でしょう。
これから、家を借りる前にしておきたいポイントを取り上げて行きたいと思います。
1つは、物件の年式です。
誰しも新築のアパートであれば、安心して借りることが出来ると思うかもしれません。
大抵の場合問題ないでしょう。
しかし、時々あり得る事として、建設中の不備によって、いざ使用を開始した時に、配管からの水漏れが生じたという例も珍しくありません。
新しい物件を借りる事にするのであれば、はじめのうちに生じる問題に対処する覚悟を持っておく必要があるかもしれません。
では、数十年経った古い物件ならいいのでしょうか。
これも覚悟としては、老朽化に伴う修繕が必要になった時に不便があるかもしれないということです。
ですから、築数年の物件であると、比較的安心して借りる事が出来ると言えます。
2つ目は、1つ目に関係する事ですが、物件の設備を一通り確認すると言う事です。
水道の蛇口を開けてみましょう。
コンセントは使えるでしょうか。
ガスレンジは点火しますか。
ボイラーはいかがですか。
場合によっては、各種の契約をしなければ確認出来ないものもあります。
しかし、可能な範囲で動作確認をするように致しましょう。
その際に判明した問題点は、ためらわずに不動産屋に伝える事が出来るでしょう。
その際の対応が良いかどうかも、確認ポイントの一つと言えるでしょう。
Copyright (C)2017賃貸情報収集術〜目先の利点に騙されない〜.All rights reserved.